乾燥肌・敏感肌で選びたいクレンジングの種類

乾燥肌・敏感肌のクレンジング選びではとにかく肌に負担をかけないものが最優先となるでしょう。とくに40代になると老化の影響もあって刺激に敏感な状態が進行していきます。30代と同じ感覚でクレンジングを行っているとそれまで平気だったものが肌に負担をもたらしてしまうこともあるのです。

乾燥肌・敏感肌には低刺激なミルク・クリームクレンジングがおすすめ

クレンジングの選び方

低刺激という点で見ていく場合、ミルククレンジングやクリームクレンジングがまず選択肢として挙げられるでしょう。これらはオイルの含有量が少ないこともあって肌に優しく、肌荒れを起こしやすい方でも使いやすいメリットを備えています。乾燥肌・敏感肌の方がまずチェックしてみるのはこれらのタイプでしょう。

 

ただし、この2つのタイプは低刺激な一方で洗浄力がやや弱いという難点もあります。しっかりメイクをしている場合、十分に落とせないケースも出てくるのです。メイクをしたまま一晩過ごすと肌に大きな負担がかかってしまうといいますから、クレンジング選びでは低刺激だけでなくメイクをきちんと落とすことができるかどうかも問われるわけです。

 

ここでひとつの選択肢が出てきます。ミルククレンジングやクリームクレンジングでも落とせる範囲でメイクを薄めにするか。30代までアイメイクをはじめ入念なメイクをしていた方は40代を境にナチュラルメイクに切り替える、という選択肢も出てきます。もうひとつの選択肢はメイクを落とせる範囲内でクレンジングを選ぶか。あくまでメイクを重視し、ミルククレンジングやクリームクレンジングでは落とせそうにないのならもっと洗浄力が強いものを選ぶわけです。

オイルフリーのジェルクレンジングは余計な摩擦をかけずメイクをオフできる

クレンジングの選び方

理想としては前者が望ましいわけですが、40代で薄めのナチュラルメイクというのもなかなか難しいもの。シミや小じわなどをうまくカバーする必要も出てくるだけに難しい面も出てきます。どうしてもメイクをしっかり行いたいという方はほどほどの洗浄力でできるだけ低刺激なものを選ぶようにしましょう。

 

そうなると候補に挙がるのがジェルタイプ、それもオイルフリーの水性タイプです。このタイプの特徴はジェルの独特のテクスチャのおかげであまり指で肌を擦らずにメイクを落としていくことができる点です。洗浄力もほどほどなので乾燥肌・敏感肌に過剰な刺激を与えてしまうことも少ないでしょう。ただもともと爽快感とさっぱりした使い心地が特徴なので乾燥肌の方が使うと肌のツッパリ感が気になってしまうことがあるので要注意です。

 

刺激が強いオイルクレンジングやリキッドクレンジングはできるだけ使わないことを前提にしたうえでこれらの選択肢の中から肌やメイク環境にあったものを選んでいくようにしましょう。

とにかく濃いメイクを落としたい!手早くメイクを落としたい

濃い目のメイクをしている方にとってクレンジング選びはとにかく洗浄力が最優先のポイントとなります。もちろん肌への刺激も気になるわけですが、肝心のメイクを落とせなければ意味がありませんし、メイクが残ったまま一晩過ごしてしまうとそれこそ肌に大きな負担をかけてしまいかねません。

洗浄力が高いクレンジングは刺激も強くなるので要注意

クレンジングの選び方

40代になると若い頃とは違った理由でメイクが濃い目になる面もあります。加齢の影響でシミや小じわが気になるようになるとそれをうまくカバーするためにメイクを厚塗りする傾向が出てきます。ただでさえシミやシワといったトラブルを抱えているところにしっかりメイクを落とさないとますます悪化してしまう恐れも出てくるわけです。

 

この洗浄力という点でクレンジングを選ぶ場合にはオイルタイプがまず選択肢に挙がります。もっとも製品の選択肢も多くクレンジングの主流となっているタイプですが、製品の数が多いこともあって製品によって特徴や向き・不向きに大きな差が見られるので選ぶ際には注意が必要です。

 

クレンジングとはオイルをメイクに馴染ませて肌から浮きあがらせて落としていくものです。そのためオイルが多いほど洗浄力に優れているわけですが、その一方で肌への負担も大きくなっていきます。簡単に言えば洗浄力が強ければ刺激も強く、低刺激だと洗浄力が落ちるのです。

手早くメイクを落とす場合はシートタイプのクレンジングがおすすめ

クレンジングの選び方

濃いメイクを落としたい場合にはオイルクレンジングが良い選択肢なのですが、あくまで40代の肌に合っていることを前提に選んでいくようにしましょう。脂性肌や普通肌といった肌が丈夫な方なら問題ありませんが、加齢の影響で乾燥やバリア機能の低下が気になるという方は注意しておいたほうがよいかもしれません。

 

なお、オイルクレンジングに関してはもうひとつポイントがあります。オイルと水分を混ぜ合わせる界面活性剤によっても肌への刺激が異なってくるといわれているからです。合成界面活性剤の中には肌に負担をかけてしまうものもあり、オイルの含有量が同じでもこうしたものを使っている方が刺激が強くなります。洗浄力を重視して選ぶ場合にはこの界面活性剤についても意識しておくとよいでしょう。

 

手早く落としたい場合にはシートタイプという選択肢もあります。シートでメイクを拭う形で落とすことができるので外出中でも落としやすく、メイク直しにも使いやすいメリットがあります。ただシートで拭う分どうしても摩擦に刺激が大きくなってしまうのでよほど肌が丈夫な方以外は毎日のクレンジングとしてだけでなく、特別な機会のためだけに使うようにした方が無難です。

洗浄力と肌への優しさのバランスを考えて使いたい

洗浄力と肌への優しさのバランスはクレンジング選びの最大のポイント、これは年齢を重ねれば重ねるほど大きな意味を持ってきます。とくに40代はしっかりメイクをしなければならない一方、老化によるバリア機能の低下も意識する必要があるためこの点がとても重要になります。

ジェルクレンジングは程よい洗浄力もあり肌に優しい

クレンジングの選び方

このポイントに関しては肌質やメイク環境にもよるので一概にはどのクレンジングがよいとはいえない面もあります。脂性肌・普通肌の方は一般的なクレンジングオイルを使っても問題ないことも多いですし、逆にバリア機能の低下が気になる場合にはミルククレンジングやクリームクレンジングといった肌に優しいクレンジングを使いつつ、メイクを薄めにするなどの工夫も必要になってきます。

 

簡単に言えばしっかりメイクをしている人ほどクレンジング選びの際には洗浄力の比重が高くなり、肌環境が気になる方は肌への優しさの比重が高くなるわけです。ですから洗浄力と肌への優しさのバランスはひとりひとり基準が異なってくることになります。

 

こうした基本的な部分を踏まえたうえでバランスのよいクレンジングのタイプを見ていきましょう。ほどよい洗浄力と肌への優しさを備えたものといえばジェルタイプがまず挙げられます。このタイプには油性ジェルと水性ジェルの2種類があるのが大きな特徴で、前者は洗浄力、後者は肌への優しさに優れています。

クレンジングバームは洗浄力にも優れ肌への摩擦が少ない

クレンジングの選び方

ジェルタイプの独特の手ごたえ、テクスチャがあるので指で肌を強く擦ることなく洗っていけるほか、マッサージにも利用できるといったメリットも備えています。

 

肌への負担は気になるけどメイクもしっかりしたいという方は油性ジェルを、やっぱり肌への刺激が少ないものがいい、という方は水性ジェルを選んでみるとよいでしょう。

 

それから新しいクレンジングの選択肢として注目を集めているのがクレンジングバームです。バームとは「軟膏」の意味ですが、適度に厚みのあるテクスチャをしていながら肌に塗付して洗っていくうちにやわらかく馴染んでいく特徴を備えています。そのため摩擦の負担をかけることなく洗うことができるうえに洗浄力にも優れているのでまさに一石二鳥ともいえる魅力を備えています。

 

さらにこのクレンジングバームはメイクだけでなく汚れや毛穴の詰まりを除去する働きもあるのでW洗顔が不要な製品もあります。W洗顔の負担も年齢肌には大きな悩みの種ですから、この点でも非常に理想的な選択肢となるでしょう。このタイプはベタつきやすいなど使い勝手の点でのデメリットも指摘されているのでその点を踏まえながら試してみると良いかもしれません。

40代で選びたい人気のクレンジング

B.A クレンジングクリーム

B.A クレンジングクリーム

オイル並の高い洗浄力とクリームの優しさを可能にした高級クレンジング
10,800円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

アテニア スキンクリア クレンズオイル

2年連続@コスメクレンジング1位!くすみの原因まで洗い流すクレンジング
1,836円・税込
>>公式HPで詳しく見てみる!

ファンケル マイルドクレンジングオイル

ファンケルクレンジングオイル

メイク・ザラつき・毛穴づまりも落とすファンケルの大人気クレンジングオイル
1ヵ月分トライアルボトル1,050円相当→500円・税込 ※初回限定・お一人様1個1回限り
>>公式HPで詳しく見てみる!